公開履歴
肌がきれいな女性

乾燥は、秋から冬にかけては湿度が急激に低下することで起こりやすいですし、夏場は室内のエアコンのせいで湿度が下がるため起こりやすくなるので注意が必要です。乾燥は肌の栄養不足が原因であり、化粧ノリが悪くなるなど、色んなトラブルを引き起こします。症状を防ぐには、毎日のスキンケアを徹底して行わなくてはいけません。

正しいスキンケアは、保湿とバリア機能の強化、油分の強化などが必要となります。普段使用しているスキンケアで、これらの症状を感じた場合には、もしかしたら自分に合っていない可能性もありますので、一度見直さなくてはいけないかもしれません。

乾燥肌の原因は水分不足

美容の大敵とも言われている乾燥ですが、夏場でもエアコンが効いている部屋に長時間いますと部屋の湿度が下がってカサカサになる恐れがありますので注意が必要です。冬場は空気が乾燥しやすくなるので、1年中気を付けなくてはいけない症状なのです。

肌には水分量も大事なため、スキンケア化粧品で保湿を徹底したり、お部屋の湿度を一定に保つなど、様々な方法があります。実はこれらの原因には、水分不足が挙げられるのを知っていましたか。水が足りていない状態ですと、小じわの原因にも繋がり化粧ノリが悪くなることがあるのです。乾燥は内部にある角質の、水分含有量が少なくなっている状態のことを言います。肌の水分が不足しますと、血液循環が悪くなり新陳代謝が悪くなります。

次第に皮脂の分泌量も減っていくので、症状が現れてしまうのです。皮脂の水分量は汗をかいたり、自然に蒸発することで減少しますが、一般的には体内からしっかりと供給されるますので潤いが一定に保たれています。

しかしながら、体内の水分量が少なくなると供給が追い付かなくなり、逆にどんどん失われていきます。ベーシックスキンケアで潤いを与えても、表面だけが潤うだけではあまり意味がありません。身体の内部からしっかりと潤いを与えるには、適度な補給が欠かせないという訳です。症状の対策には、温かい飲み物が適しています。

冷たいお水だと体温が低下して、新陳代謝などの働きが鈍ってしまうからです。温かいお湯でも良いですが、ハチミツをとかしたものや、生姜湯、ハーブティーなどを飲めばより対策には良いと言われています。冷たい飲み物が欲しい場合には、お水ではなくビタミンなどが豊富に含まれている野菜ジュースが良いでしょう。

逆に、飲んではいけない飲み物は、コーヒーや緑茶などが挙げられます。これらの飲み物にはタンニンという成分が含まれており、亜鉛の吸収を阻害してしまいます。亜鉛が不足すると新陳代謝が悪くなりますので注意が必要です。また、カフェインも利尿作用が働いて、身体の中の水分がどんどんと排出されていきますので、乾燥肌になりやすくなります。水を積極的に摂ることを意識してカサカサにならないように、日々生活をおくる際には、徹底して注意するよう心掛けましょう。

ターンオーバを妨げない

ターンオーバーと呼ばれる再生リズムがあるのを知っていますか。ターンオーバーとは、基底層で生まれた細胞が、40~60日かけて皮膚表面に押し上げられていき、垢となって剥がれ落ちることです。このターンオーバーが正常に行われることで、健やかな状態を保つことが出来ます。

トラブルが起こりそうになると、ついつい保湿クリームや乳液をたくさん塗って、潤わせないといけないと思いがちですが、それはスキンケア用品に含まれている油分による、一時的なケアにすぎませんので、根本的な解決にはなりません。間違ったスキンケアを行いますと、バリア機能である角質細胞が乱れてしまい、皮膚膜が形成されずに、かえって蒸発しやすくなる可能性が出てくるのです。

肌は、ターンオーバーを行う事で自ら潤い、キレイになる力を持っています。だからこそ、私たちは機能を損なわないための、正しいスキンケアが必要となります。症状が気になるからといって、やたらむやみに保湿クリームや乳液を使うのは、その場しのぎの油分に頼るスキンケアになります。しっかりと潤わせるためにも、ベーシックスキンケアを知って正しいケアを心掛けましょう。

症状が気になるからといって、よく高い化粧品を使っている人がいますが、決して高いからといって、良い効果が得られるという訳ではありません。化粧品の持っている成分をきちんと内部にまで届けるには、浸透を妨げるものを排除しなくてはいけないのです。

そこでオススメするケアが角質除去です。スクラブやピーリングを行うと、角質が除去されてきちんと潤いを補給してくれるようになります。但し、スクラブやピーリングは、頻繁にやりすぎるのも良くないと言われています。ついつい肌触りが良くなるので、何回もやってしまいたくなりますが、症状が出ないようにするには、あくまでもターンオーバーを正常に行わせるようにすることが大切です。

スクラブやピーリングで、ターンオーバー周期を早めてしまいますと、本来まだ出てくるべきではない、成長しきっていない部分が表に出てきてしまいます。バリア機能が十分ではないため、乾燥が酷くなったり、シミやシワ、小じわが出来やすくなるので、お肌には良くないんですよ。キレイになりたい気持ちは解りますが、何事もやりすぎには気を付けましょう。

肌への栄養不足が原因

乾燥肌の原因には、水分不足やターンオーバーを防げないなどがありますが、更に栄養不足が原因で起こることも考えられます。肌の栄養不足は化粧ノリにもやはり影響してきます。スキンケアは徹底しているのに、カサカサが治らないという人は、内側からのケアが足りていない証拠です。

そもそも、ターンオーバーに欠かせないのが、細胞を作るための食事からの栄養なのです。栄養不足になりますと、肌細胞が持っている水分をキープする力が低下したり、ターンオーバーの周期が遅くなったりすることがありますので、気を付けなくてはいけません。

美肌に欠かせない栄養素はたくさんあります。セラミドは、30代後半から減少していきますので、積極的に食べ物で補って欲しい栄養素の1つです。セラミドは、皮膚の角質層に存在する脂質です。皮膚を外部の刺激から守り、角質層の水分を保持する働きがあります。セラミドが不足すると、角質細胞の隙間が埋まらなくなるので、皮脂膜が形成されにくくなります。角質細胞に保持されている水分が蒸発して、角質細胞間は隙間だらけになってしまうのです。

ビタミンAは別名でレチノールやカロテンとも言われますが、皮膚や粘膜の潤いを維持して、新陳代謝を促す働きを持っています。不足すると、皮膚表面の細胞がダメージを受けやすくなり、皮膚のカサカサの原因となるのです。脂溶性のビタミンですので、油と一緒に摂取すると吸収されやすくなるという特徴があります。レチノールは主にレバーや卵、乳製品に多く含まれており、カロテンは緑黄色野菜に多く含まれています。脂質も足りなくなると原因へと繋がります。

三大栄養素の1つである脂質は、主に大部分を占めるのが脂肪酸です。エネルギー源となると同時に、細胞や血管を作る働きがあります。脂質が多く含まれる食品には、お肉類や卵・乳製品や植物油、ナッツ類や青魚などがあります。

また、たんぱく質も不足すると、トラブルが起こりやすくなりますので注意が必要です。皮膚の角質細胞はたんぱく質で形成されており、皮膚のバリア機能を守るには、良質なたんぱく質が欠かせません。たんぱく質は主に、お肉や魚類・卵や大豆製品、乳製品に多く含まれています。乾燥肌の原因には、色々なものが挙げられますので、身体の内側からもしっかりとケアしてあげるように心掛けましょう。